1. 神戸ダイハツ ホーム
  2. 神戸ダイハツニュース
  3. 第83号

神戸ダイハツニュース

神戸ニュース
第83号
発行日/2019.05.09
発行元
株式会社 神戸ダイハツ
鈴鹿市神戸3丁目14番1号
TEL:059-382-1295

いきいき人生運転セミナー企画しました!

今回、弊社初めての企画のご案内です。
六十五歳以上の方を対象に運転セミナーを企画しました。
当社が長年お付き合いいただいているお客様に一年でも長く愛車に乗っていいただくために、そして高齢ドライバーの事故減少に少しでも役立ちたいと言う思いで開催します。
専門の講師をお招きして開催します。
日時 4月27日(土)10時から
場所 神戸ダイハツショールーム
ご興味ある方は神戸ダイハツに直接お電話ください。


応急パンク修理キットについて

最近のクルマにはスペアタイヤが装着されていません。その代わりに応急パンク修理キットが装備されています。この修理キットは、シガライター電源を使用して、特殊な溶剤をエアバルブから注入して、エア漏れを止める装置です。
詳しい使用方法は、下記 YouTube 画像にてご確認ください。


************************************
   YouTube映像アドレス

  https://www.youtube.com/watch?v
   =qV1hqJ_2G-A  
       もしくは
  「ダイハツ応急パンク修理」で検索
************************************


千晴んちのごはん(7)

千晴んちのごはん(7)

こんにちは!ショールームスタッフの伊藤です♪
 今回は妹が帰ってきていたので一緒に料理をしました。私は三姉妹の長女なんです。あまりそうは見えないとよく言われるのですがなぜでしょう?
さて、今回は鶏手羽と豚バラの照り焼きを作りました。妹と手分けして私は鶏手羽担当、妹は豚バラ担当です。材料が2種類なだけで味付けは一緒なんですよね(笑)
仕上げに豚バラの方に目玉焼きを乗せたのですが、着地に失敗し残念な姿に…(笑)見栄えは微妙でしたが味は抜群でした♪
 今回、一緒に料理をしたのは真ん中の妹で今は就職先の伊賀で一人暮らしをしています。
末っ子の妹もこの春から就職し名張に行く事になったので、寂しくなります。
でもこうやって帰ってきた時に料理をするのも、楽しくていいなと感じました。
今度は三姉妹で料理対決でもやってみます(笑)ここで紹介できたらいいなー。
レシピを知りたい方はぜひ伊藤まで!


店長 阿部 『自粛しない唯一の店舗は?』

店長 阿部 『自粛しない唯一の店舗は?』

いよいよ平成が終わろうとしています。
思えば平成元年になる年、私は東京の食品メーカーで新人サラリ―マンをしていました。
バブル絶頂期のあの時代。
みんなどこか浮き足立っていました。
入社一年目の証券会社新入社員冬のボーナスが百万円。
食品メーカー入社間もない私も、当時仕入先である商社から過度な接待を受けていたことを覚えています。何かがおかしい。
そんなバブル絶頂期に起こった昭和天皇崩御。
突然、世の中全てが自粛一色。
会社も急遽休みになりました。
また都内でありながら、どこへ行っても、お店は閉店状態。
期間としてはほんの短期間でしたが、何も購入できず結構困ったものでした。
そんな時、自粛しない唯一の店舗は自動販売機。
自販機だけは自粛しませんでした。
自販機に感謝した日々が本当に懐かしい。
あれから気がつけば三十年。
いよいよ五月から「平成」から「令和」へ。
心豊かな日々が続くことを祈念します。


健二 服部のやっぱ趣味探し

健二 服部のやっぱ趣味探し

3月の定休日に整備スタッフの酒井・堀江とともに浦村カキを食べに行ってきました!
正直、僕はカキ大好きではないです。今までの人生では避けてきたほうかもしれません。しかし何事も挑戦だということで行ってきました!←大袈裟すぎ
浦村カキ美味しい♪これが感想です(笑)
行く前は5つ食べたら飽きると言っていたことここで謝ります。20個は軽く
いけます。まだ経験されていない方
ぜひ来年、鳥羽浦村へ行って
カキ食べてきて下さい!!


店長阿部 おススメの一冊

店長阿部 おススメの一冊

今月お勧めの一冊は「ぼくの命は言葉とともにある」著者は福島 智。彼は現在東京大学教授。しかしながら現在の彼は両目が見えず、両耳も聞こえない盲ろう者。つまりあのヘレンケラーと同じ状態。
彼は18歳で光と音をすべて失いました。
そんな深い闇の中に落ちた彼が発見した人生の法則に感動しました。
「絶望とは意味なき苦悩である」
 逆説的に言えば、どんな苦悩も意味づけを考えれば、決して絶望はないということです。
 どんな時も生きる意味をしっかり持ち続け、限りある人生を過ごしたいものです。