1. 神戸ダイハツ ホーム
  2. 神戸ダイハツニュース
  3. 第30号

神戸ダイハツニュース

神戸ニュース
第30号
発行日/2009.03.10
発行元
株式会社 神戸ダイハツ
鈴鹿市神戸3丁目14番1号
TEL:059-382-1295

こんにちは、神戸ダイハツ店長の阿部です。
今回は記念すべき30号。
これもご愛読の皆様のおかげです。50号、100号目指してがんばります。


道路標識の「軽車両」って何?

神戸町内でも見かけますが、時々道路標識の中で一方通行標識の下に「軽車両を除く」という言葉があります。
私はつい最近まで、この「軽車両」を「軽自動車」のことだと思っていました。実は全く違います。
ではこの「軽車両」とは何でしょう。これは国の道路運送車両法で定義されています。
何と軽車両とは「馬車、牛車、馬そり、荷車、人力車、三、四輪自転車」のことを言います。(二輪の自転車は含まれません)
皆さんは最近、このような車両を見かけたことがありますか?どうも現実とずれていると考えるのは私だけでしょうか。いっそのこと「軽車両を除く」という表現を削除してはいかがでしょうか。そのほうがよっぽどわかりやすいです。
今後は誤解を招かない名称に変更されることを期待します。



顕微鏡に黒い線が?

皆さんは顕微鏡を初めて見たときの感動を覚えていますか?今までとは違う世界が見えて、何かとても大人になったようなうれしさは今でも忘れられません。そんな初めての顕微鏡で大恥をかいたエピソードをご紹介します。
小学校低学年の時、理科の授業で顕微鏡を見る時間がありました。順番に皆でミクロ決死隊の世界を楽しんでいました。また初めてのことで、とても緊張していました。
いよいよ私の番です。緊張しながらレンズを見ると、何と黒い線がいくつも入っているのです。おかしいなと思い、先生に質問しました。
「先生、顕微鏡が黒い線でよく見えません」
先生もなぜなのかと返答に困っていました。色々と考えて、やっと原因がわかりました。それは私の「まつげ」です。自分では気がつきませんでしたが、私は人に比べて「まつげ」が長いのです。
子どもの時は男のくせにやたらと長いので、結構コンプレックスになっていました。でも短い人からしてみると、結構ぜいたくな悩みのようです。今はまつげが長いことを感謝しています。



定期的な点検とオイル交換をおすすめします!

皆さんはエンジンオイルを定期的に交換していますか?
基本的に3千キロから5千キロ、もしくは半年ごとに交換することが理想です。
なぜオイル交換が必要か。エンジンオイルは人間にの体にたとえると血液です。この血液であるエンジンオイルが汚れてしまうと、人間の体と同じように色々な変調をきたします。
愛車を長持ちさせるために必要なことは何かと言えば「定期的な点検とオイル交換」といっても過言ではありません。
年数と距離数が進めば進むほど、その影響が顕著になってきます。これも人間の体と同じです。定期的な健康診断が車にも必要です。
そこで皆さんにお得な情報をご提案します。当社ではただいまオイルキープ会員を広く募集しています。
この制度は20リットルをまとめて購入していただくことでオイル代をお安くするシステムです。また当社は半年点検を基本的に無料でおこなっていますので、そちらと併用すると更にお得です。
詳しくはお電話にてお気軽にご相談ください。


サービス吉川の趣味はサーフィン!

今回はサービス部、吉川の趣味をご紹介します。
それは「サーフィン」です。ボードを使用して海で波乗りをすること。ボードにはショート、ファン、ロングなどの種類があるそうです。
場所はもちろん海。伊勢、伊良湖、福井がこの周辺でメッカだそうです。この冬の季節も関係なし。もちろんウエットスーツを着ています。
夢中になるとこの時期でも3,4時間海に入りっぱなしだそうです。聞いただけでも寒そうですが、若いって素晴らしいです。
また吉川と話す機会があれば、色々と聞いてみてください。



店長の好きな言葉その五

「過去と他人は変わらない、変えられるのは自分と明日」
これは私が憧れる顧客満足日本一のカーディーラー「ネッツ南国」横田会長が、講演でいつも言われる言葉です。
私も最近まで人を変えることばかりを考えていました。でも人は変わりません。
答えは自分でした。相手への接し方、そして自分の心の持ち方を変えることで相手は変わっていきます。