1. 神戸ダイハツ ホーム
  2. 神戸ダイハツニュース
  3. 創刊号

神戸ダイハツニュース

神戸ニュース
創刊号
発行日/2006.10.30
発行元
株式会社 神戸ダイハツ
鈴鹿市神戸3丁目14番1号
TEL:059-382-1295

神戸ダイハツの阿部です。
皆さんは、ダイハツの名前の由来をご存知ですか?ダイハツなんて地名もありませんし、人の名前でもありません。
1907年3月に、当時の大阪高等工業学校(現・大阪大学工学部)の校長 安永博士らによって内燃機関の国産化を目指して発動機製造(株)を設立しました。その後、1951年12月に社名を現在のダイハツ工業(株)に改称しました。ダイハツの由来は、大阪の大と発動機の発をとってダイハツと略称したことにはじまります。実はダイハツ工業のホームページに載ってるんですが。神戸ダイハツの由来は、ホームページを調べても載っていませんので、自分自身のことからニュースでお伝えしていきたいと思っています。
今年41歳、私は2代目です。私は既に中学校時代から会社を継ぐように教え込まれてきました。でも、そのことがイヤでイヤで仕方がなかったのです。自分の人生を人に決められるのは、やはり抵抗がありますよね。そんなわけで、本来なら工業高校へ進むべきところだったのですが、地元神戸高校の普通科に進みました。それどころか大学は、東京の大学を選び経済学部を専攻しました。さらに卒業後は、食品メーカーに勤めることにしたのです。その時点で、私はこちらへ帰ってくる気はありませんでした。
ところが平成2年の5月に、親友の結婚式があり、私は式に出席するため戻らなくてはならなくなりました。この親友の結婚式がきっかけで、私は三重県から逃げられなくなりました。このとき既に26歳でしたが、新たにスタートを切ったのです。
神戸ダイハツに入社です。ところが今までのツケは大きかったのです。私が東京から帰ってくるときに4本のタイヤを送りました。当然私はまだまだ使えると思って送ったのですが、帰ってきたらこっぴどく怒られました。なんとタイヤがつるつるで、レーシング用タイヤのようになっていて溝が全く無い状態です。こんなタイヤを4本も着払いで送ってしまったのです。粗大ゴミを高い送料を払って送ったようなものです。こんな程度しかない知識でしたので、前途多難です。続きは次回のニューレターにてお送りします。


不慮の故障で損をしない法

今年の春先のことですが、私はショールームにおりまして、何気なく外を見ておりました。そうしましたら、白煙をもうもう立ち込め、まるでそう忍者の煙幕のような感じです。一台の車が裁判所の方から走ってくるではありませんか。後続車は、とても後ろを走れそうに無く、どんどん避けていきます。きっと自分では気がついていないんでしょうね。私はピンと来ました。「これはターボがやられている」そうなんです。白煙が出ると言うのは、燃料以外のものが燃えている状況です。エンジンルームの中に入るものといえば、オイルぐらいしか考えられません。エンジンオイルが燃えているのです。その車は当社に入庫され、原因はターボのオイル漏れでした。早速修理にかからせて頂きましたが、部品を取り寄せるのに一週間。その間は、当然自分の車には乗れません。ターボの部品を交換して、工賃込みで、必要な費用はなんと14万円の出費です。
ところがエンジンと言うのは人間の体と一緒で、一度怪我をすると癖になります。ターボの場合、冷却するためにオイルを送るのですがその管が非常に細いものです。エンジンを丸ごと変えるのなら別ですが、そこに入ったスラッジ(ススが固まったもの)は取り除くことができません。そのためまた同じようにオイル漏れが起きるのです。人間で言いますと動脈硬化のような感じでしょうか。だいたい一度起こると、2度目があります。そうすると30万弱の出費になるわけです。
このオイル漏れを予防するには、いつもきれいなオイルを流してあげることです。人間で言いますと、きれいなサラサラな血にすることです。つまりエンジンオイルを3千キロから5千キロでマメに変えることですね。普通の人なら半年に一回交換することです。


車をかわいがって頂ける貴方にお得な情報

愛車をかわいがるために、今回オイルキープをして頂ける方にティッシュ5箱をプレゼント致します。
オイルキープとは、通常1リットル945円を20リットル購入して預からせて頂くもので、10290円です。1リットル当りにしますと514円で大変お得です。軽自動車なら8回分のオイル交換の料金になります。さらに工賃も含まれているのです。
この新聞を見たと言って下さい。期間は9月末までです。
皆さんの愛車もかわいがって上げて下さいね。