1. 神戸ダイハツ ホーム
  2. 神戸ダイハツニュース
  3. 第26号

神戸ダイハツニュース

神戸ニュース
第26号
発行日/2008.04.22
発行元
株式会社 神戸ダイハツ
鈴鹿市神戸3丁目14番1号
TEL:059-382-1295

こんにちは、神戸ダイハツ店長の阿部です。
4月です。新生活に期待と不安を抱えた季節です。
私も気持ちを新たにお客様に安心と満足を提供し続けます。


当社のコーヒーはおいしいと評判です!

神戸ダイハツにご来店いただいたお客様にいつも好評の飲み物があります。それはホットコーヒーです。
「おいしい」、「喫茶店のコーヒーみたい」など、大変好評です。当社のコーヒーの特徴は苦味、酸味を抑えたすっきりした味わいです。また当社のコーヒーは一杯ずつ豆から挽いています。
インスタントや作り置きで煮立った状態とは違います。だから香りや味わいが違うのです。コーヒー以外にもカフェラテやフレーバーティーなどもご用意しております。
またお飲み物と一緒に有名店である「アフタヌーンティー」特製のゴーフレットを味わえます。こちらは5月31日までの期間限定です。もちろん無料です。お気軽に遊びに来てください。



嘆きのコインシャワー?

店長阿部の学生時代は、風呂付のアパートはまだ少なく、ほとんどが近くの銭湯に通っていました。でもその銭湯も営業時間が限られていて、アルバイトで夜遅くなると入る事ができません。だから常にアパートの台所がお風呂場化していました。
そんなときに登場したのが、『コインシャワー』です。これはプールの着替え場所にあるシャワールームをイメージするとわかりやすいです。いくつかの部屋があってそこでお金を入れるとお湯シャワーが出てくるしくみです。
料金は一分百円です。ただし無人です。(今考えると安全とはいえませんが)
その日もコインシャワー常連の私は、小銭を握りしめていました。慣れていた私は、コイン投入後3分ですべて洗い終える事ができるようになっていました。しかしその日は準備を怠り、少々時間を超過していました。頭にシャンプーをつけたところで、突然シャワーが止りました。
「まずい!」
もちろん頭は泡だらけです。気持ちを落ち着かせて、小銭を探したところ、びっくりです。
「小銭がない!」
いつもなら予備の小銭を入れているのにこの日に限ってないのです。もちろん店内は無人です。そして頭は泡だらけ。恥ずかしいやら情けないやらで、しばらく放心状態でした。
しかたなく、とぼとぼとアパートへ帰りました。帰りには何と雨が降ってきて、頭が更に泡立ってきて悲惨でした。あのコインシャワーはどうなったのか。今では懐かしい思い出です。


地デジ、ワンセグって何?

最近「地デジ」とか「ワンセグ」とか、今まで聞きなれなかった言葉を耳にしませんか。
「地デジ」とは従来のアナログ放送に代わり、デジタル信号で放送を行う地上デジタル放送のことです。TVでも案内していますが、平成23年7月に、日本のTVはすべて地上デジタル放送(地デジ)になります。
そこでその地デジの一部を利用した放送形態を「ワンセグ」と言います。この「ワンセグ」は、データ量が軽く、受信しやすい設計のため、移動用に向いています。
そこで今のカーナビはワンセグ対応機種が主流になっています。今までのカーナビのテレビは画像がチラチラして見づらかったです。 アナログテレビの場合、電波状況で映像が不安定になったり、電波が建物などに反射し、映像が何重にも見えるゴーストが発生します。
それに比べ、地デジはゴーストがないので、チラつきがなくキレイな映像を見ることができます。
当社でも地デジ、ワンセグ対応ナビを取り扱っております。お気軽にお問い合わせください。



「店長の好きな言葉(その1)」

「人間にとって一番貧しいことは、飢えやお金がないことではなく、自分が必要とされていないと思うことである」(マザーテレサ)
誰でも人は必要とされたいし、関心をもたれたいですよね。ところで愛情の反対言葉は何でしょうか?
「憎しみ」と答えられる方が多いのですが、答えは「無関心」です。
人から関心をもたれない、無視される、これほど生きていてつらい事はないのです。良好な人間関係はお互いが関心を持ち合うことです。
夫婦も一緒です。お互い関心を持ってますか?私も人のことは言えませんが・・