1. 神戸ダイハツ ホーム
  2. 神戸ダイハツニュース
  3. 第14号

神戸ダイハツニュース

神戸ニュース
第14号
発行日/2006.11.24
発行元
株式会社 神戸ダイハツ
鈴鹿市神戸3丁目14番1号
TEL:059-382-1295

皆さんこんにちは、神戸ダイハツ店長の阿部です。
秋も一層深まり、冬支度の準備の声も聞かれる季節です。今月もよろしくお願いします。


ムーヴが新しく生まれ変わりました!

10月5日に「ムーヴ」と「ムーヴ カスタム」がフルモデルチェンジして新発売されました。
スタイリングも、プラットフォームも、エンジンも全てが一新です。
新型ムーヴのセールスポイントは、
(1)流れるようなシルエットが美しい外観
(2)広くて快適な室内空間
(3)軽とは思えない上質感
(4)使い勝手の良さ
(5)快適な走りと静粛性、そして低燃費
とにかく一度ご覧いただき、その良さを実感して下さい。
CMも放映中です。仲間由紀恵、Mr.マリック、加賀まりこ、そして柴咲コウと実に豪華な出演者でムーヴを更に引き立てています。内容も面白く必見です。
試乗車もご用意して、皆様のお越しをお待ちしております。



雑誌を持って立っています!

携帯電話は便利です。どこにいても電波さえつながれば、連絡を取り合えます。
でも私が20代の時はその携帯電話がなくて、本当に苦労しました。特に初めての人と待ち合わせる時は、それこそ必死でした。そんな時代に、店長阿部の待ち合わせでのエピソードをお話します。
学生時代、私はレストランでアルバイトをしていました。そこのアルバイト仲間が私に、彼女を紹介してくれるとの話しが、持ち上がりました。世話好きの友人Kさんは、待ち合わせ場所まで段取りしてくれました。新宿駅東口入り口前で、11時に雑誌を持って立っているとのことでした。新宿駅東口といえば、当時待ち合わせ場所で非常に有名な所でした。駅で待ち合わせる経験があまりない私は、非常に緊張していました。
そして当日11時に待ち合わせ場所へ行きました。行ってみてびっくりです。待ち合わせる人の多いこと。 そして何より驚いたのが、雑誌を持っている人が大勢いる事です。よくよく考えたら、そりゃみんな雑誌ぐらい持っていますよね。
こうなったらやけくそです。一人一人に名前を確認することにしました。幸いにも4人目ぐらいで的中しました。今考えてもほんとに間抜けな話しです。それにしても携帯電話がある今の若い方はしあわせですね。


タイヤの溝の深さは大丈夫ですか?

今回はタイヤの溝についてお話します。
ご存知のようにタイヤには溝があります。この溝は、雨の日などに路面にある水をかき出す重要な役割を持っています。この溝がなくなると水をかき出せず、スリップして車の制動距離が長くなり危険です。 特に雨の日は、思わぬ事故につながる恐れがあります。
運転免許を取るときに学習した言葉で、「ハイドロプレーニング現象」という用語を覚えていますか?これは水のたまった道路を高速で走行すると、タイヤと路面の間に水が入り込み、タイヤが路面から浮いてしまい、ハンドルやブレーキが操作できなくなる現象です。そのため、溝のない磨耗したタイヤでの運転は非常に危険です。危険を防止するためにも、定期的な点検が必要です。
タイヤの溝の深さはゲージなどを使わなくても目視で点検できます。溝の深さは、スリップサインにより点検します。タイヤに記されている三角のマークの延長線上にスリップサインがあります。溝の中にある盛り上がった部分がそうです。スリップサインはタイヤの溝の深さ1.6ミリの位置に設定されています。 つまり溝の深さが1.6ミリ以下になると危険ですから交換してくださいという事です。
ちなみにスリップサインが出ていると車検は通りません。安心ドライブのためにも、定期点検を心掛けましょう。



お客様感謝デー開催します!

11月25(土)、26(日)で恒例のお客様感謝デーを開催します。
当日は、日頃のご愛顧に感謝して、お客様へのおもてなしを中心としたイベントをおこないます。
アメリカンドック、ポップコーンなどの飲食物をはじめ、暖かいお飲み物のサービスもございます。
お子様向けにはヘリウム風船、お菓子のつかみどりなどのイベントも予定しています。
是非ご家族でお越しください。お待ちしております。