1. 神戸ダイハツ ホーム
  2. 神戸ダイハツニュース
  3. 第11号

神戸ダイハツニュース

神戸ニュース
第11号
発行日/2006.11.20
発行元
株式会社 神戸ダイハツ
鈴鹿市神戸3丁目14番1号
TEL:059-382-1295

皆さんこんにちは、神戸ダイハツ店長の阿部です。
いよいよ夏本番ですね。
前半は天候不順でしたが、後半は夏らしい天気となることを期待しましょう。


お客様感謝デー開催しました!

7月22(土)、23(日)の両日、ショールームリニューアル1周年を記念して、お客様感謝デーを開催しました。
2日間合わせて約300名のお客様にご来店いただきました。
カキ氷、ソーメン、フランクフルトのおもてなしを始め、お子様向けにスーパーボールすくい、お菓子のつかみ取り、花火プレゼントなど盛り沢山の企画でした。
でもなんと言っても今回の目玉は、畠山正先生の似顔絵コーナーでした。さすが畠山先生だけあって、1時間半待ちの大人気となりました。とにかく特徴をつかまれるのがうまく、皆さん大変喜んでみえました。 私の似顔絵も掲載しておきます。私を知っている方は、多分笑っている事でしょう。私の顔をまだ知らない方は是非ショールームへお越しいただき、確認してください。
ご来社いただきましたお客様、本当にありがとうございました。11月後半にも感謝デーを予定しております。皆様のお越しをお待ちしております。



料金はいくらですか?

現在は、ETCの発達により、高速道路で通行券を出し入れすることは少なくなりました。でも少し前までは、高速道路の通行券でよくドジをしました。料金所でいつも通行券の置き場所を忘れて、あせっているのは日常茶飯事でした。
それだけならまだましで、高速入り口で通行券をもらったことすら忘れて、料金所のおじさんに「おじさん、いくら?」とお店の買い物みたいにたずねてしまい、「こっちが知りたいですわ」と見事に切りかえされてしまいました。
そりゃ私がどこから乗ったのか、通行券がなければわかりませんよね。相変わらず、状況を判断できない店長阿部でした。


夏はバッテリーもバテ気味です

第3号で冬は低温による容量低下で、バッテリーがあがりやすいことをお伝えしました。
でも夏もバッテリーにとっては過酷な時期なのです。
帰省や行楽で渋滞に巻き込まれ、車が止っている状態で、エアコンやオーディオ、ストップランプを使用し続けることで、バッテリーを酷使するのが夏場です。 「しまった、バッテリー上がりだ!」となる前に、しっかりチェックしておきましょう。
まずはバッテリー液。不足したまま使っていると、バッテリー自体の性能を低下させてしまいます。 不足していたら、バッテリー補充液を補充しましょう。
またバッテリー液以外にこんな症状がでたら要注意です。
・ エンジンがかかりにくい
・ 走行時と停車時でライトの明るさが違う
・ パワーウインド開閉が遅い
この3つの操作時にバッテリーに大きな負荷がかかります。
よってバッテリーが弱っていれば、特に症状が出やすいのです。このようにバッテリーが弱っているかどうかの確認はできます。でもいつ完全にだめになるかは予想できません。突然のバッテリー上がりを防ぐには、事前に予防するしかないのです。
定期的なバッテリーチェックが必要です。当社のバッテリーテスターをご活用ください。「神戸ニュースを見たよ」といっていただければ、無料で診断します。



第2回マイカー講座開催します!

8月19(土)、20(日)の2日間、前回好評だったマイカー講座第2弾を開催します。
(1)簡単な日常点検の仕方
(2)緊急時の対処法
 バッテリーが上がったら
 タイヤがパンクしたら
 発炎筒の使用方法
などです。時間は約90分です。
開始時間は両日とも10時と14時の合計4回開催です。
定員は、1講座につき10名、4回開催で合計40名です。
定員になり次第締め切りますので早めに応募ください。
参加者に記念品をプレゼントします。
皆様の応募をお待ちしております。