1. 神戸ダイハツ ホーム
  2. 神戸ダイハツニュース
  3. 第89号

神戸ダイハツニュース

神戸ニュース
第89号
発行日/2020.05.16
発行元
株式会社 神戸ダイハツ
鈴鹿市神戸3丁目14番1号
TEL:059-382-1295

いきいき人生運転セミナー開催決定!

毎月恒例となりましたいきいき人生運転セミナーも今回で第11回目となります。
今回も、六十五歳以上の方が対象です。
当社が長年お付き合いいただいているお客様に一年でも長く愛車に乗っていただくために、
そして高齢ドライバーの事故減少に少しでも役立ちたいと言う思いで開催します。
専門の講師をお招きして開催します。
日時 5 月 30 日(土)10時から
場所 神戸ダイハツ ショールーム(講義)

ご興味ある方は会社に直接お電話ください。
お菓子、ドリンク、資料等の準備がありますので、ご予約頂けましたら幸いです。


大きな努力で小さな成果を

大きな努力で小さな成果を

 私が尊敬するイエローハット創業者鍵山秀三郎氏が常に伝え続けている言葉。
 かく言う私も、小さな努力で大きな成果を求めがちです。
 しかしながら成果はたとえ小さなものであっても、大きな努力で小さな成果
 を積み重ねることで、気がつけば思っていた以上の成果につながることを私
 も体験しています。
 弊社ではやはり人財育成がそれに当たります。
 これからも大きな努力を続けていきます!
 


千晴んちのごはん(12)

千晴んちのごはん(12)

 こんにちは!ショールームスタッフの伊藤です♪
 今回は、ナスのミートソースパスタを作りました!
 我が家では、ミートソースの時は、温めて乗せる
 だけの簡単レシピなので、ミートソース一から作るのは、初めての挑戦でした…が、
 トマト缶を見ていたら、ニンニクと玉ねぎで味付けされているトマトを見つけてし
 まい…時間もないし、と思って、それを使っちゃいました(笑)
 結局、少し楽をしてしまいましたが、ナスとほうれん草と、モッツァレラチーズを
 人生で初めて使い、気持ち塩コショウで味付けして、おいしくできましたー!
 でも、一番大きいナスを選んだら、まだ青臭くてキュウリみたいな味がして、キュウ
 リが苦手な私にとっては、食べるのに苦戦しました。なんでも大きければいいものじ
 ゃない と、勉強になりました(笑)
 パスタをゆでる量が難しくて、大量にゆでちゃったので、太りそうです(笑)


自分が治ると信じていますか?

自分が治ると信じていますか?

昨年十月に右ひざが悲鳴を上げて約半年が経過。
多くの方にご心配いただき感謝申しあげます。
私が医師から診断してもらった病名は二つ。
「変形性膝関節症」と「脊柱管狭窄症」。
あー終わったと正直思いました。
手術も年齢の関係で病院からまだ早いと断られ、どうしてよいかわからない日々。
適度な運動やストレッチを毎日続けるも、一向に改善しない症状に半ばあきらめ
かけていました。
そんな時、お客様であるAさんが
通っている整体の方をご紹介いた
だきました。
この先生は私を見るなり一言。
「相当ひどい、でも治るよ!」
びっくり発言でした。そして
「まずあなたは自分が治ると信じていますか?」
と言われ、衝撃を受けました。
治らないと思い込んでいる私の心を見透かされているようでした。
それから不思議なことにひざが以前より動くようになってきました。
「自分は治る」と信じることが大事なのですね。


ダイハツなのに鈴木です!

ダイハツなのに鈴木です!

今回は時計の話。振り子時計って知っていますか?
起源は約360年前、日本でいうと江戸時代前期。
ちょうど水戸黄門が諸国を漫遊していた頃。この歴史ある振り子時計、以前にお客様から譲り受け、現在自宅にあります。
時計のネジを巻くと1か月間はゼンマイのほどける力だけで時を刻み続けます。
1時間毎に時間の数だけ鐘が鳴り、30分に1回鐘が鳴ります。時計を見なくてもそれで時間がわかります。振り子が左右に振れるたびにカッチ、カッチという音を奏でてくれています。
そんなレトロな感じがとても気に入っています。


神戸ダイハツのメンバー紹介します

神戸ダイハツのメンバー紹介します
梅藤の格言

『人生、悔いが残ったらあかん!」
「何かを犠牲にしてでも、
やりたい時にやっとかなあかん!」

第5回目は、梅藤 悟史さんです。
梅藤さんはリースのお客様対応でほぼ出張で出られていますが、週一回は神戸ダイハツ
の工場でお仕事してます!
実は、梅藤さんカーレーサーなのです!
小学6年生の時にレーサーになる夢を持ち、高校を卒業と共に新設された、同じ学校の
レースメカニックの科に進学し、そこでレーサーとメカニックとのつながりが出来ました。
卒業後、就職先の面接3日前、3日間 意識不明になる大事故をしてしまい、面接に行けず…、友人の紹介で鈴鹿市の企業に仕事を紹介してもらい、20歳の時に大阪から引っ越しました。
そこでは運良く、若手レーサーとつながりが持て、社長の応援もあり夢のレーサーに!!
色々なレースに出場し、FJ300という有名なレースで見事優勝!!
雑誌にも記事が載り、業界では有名人!!
しかし、レースにはお金がたくさんかかる為、レースを続けていては生活が出来なくなる
と判断し、引退したそうです。
でも、やりたい時にレースを思い切りさせてもらえたこともあり、引退した事については
後悔をしてません。
レーサー時代があったからこそ自分の人生のゴールでどうなりたいかを考えるようになり
ました。
今、悔いのない人生を過ごしてます!!